7月17日火曜日の国内外における主要な経済イベント

 本日7月17日は、国内では不動産経済研究所より6月及び1~6月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向や7月26日にマザーズ上場予定で、システム及びソフトウェアに対するテクニカルコンサルティングを事業とするエクスモーションの公開価格決定が行われます。なお、エクスモーションの筆頭株主は東証一部のソルクシーズで、今後はこちらも連想的に注目される可能性があります。
 また、本日の決算・四半期発表予定はREIT2銘柄と6社で、平和不動産リート投資法人や日本プロロジスリート投資法人の他、レンチなどの作業工具大手のスーパーツールや貸し会議室のTKP、古本市場のテイツー、近鉄百貨店の第1四半期、個人向け家計簿アプリのマネーフォワードの第2四半期、PCオンラインゲームのサイバーステップの通期決算の発表が予定されています。
 海外の主要経済イベントは、ニュージーランドで4〜6月期のニュージーランド消費者物価指数、オーストラリア中銀理事会議事要旨公表が行われ、イギリスで3~5月の失業率、中国で6月の70都市の新築住宅価格動向、アメリカで6月の鉱工業生産指数や設備稼働率、7月NAHB住宅市場指数、ゴールドマン・サックスやジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の4~6月期決算発表が行われる予定です。
 ニュージーランドの4〜6月期消費者物価指数は、0.5%の市場予想より低い0.4%という結果で着地しました。また、アメリカ鉱工業生産指数は0.5%、同国設備稼働率は78.3%の市場予想となっています。カードローン アイフル