相撲協会理事選へ向けて報道もヒートアップしています

日馬富士の暴行事件以来揺れに揺れている相撲界ですが、2月2日の理事選に向けて報道も過熱しているようです。先日になってあらたに現在巡業部長を代行している春日野親方が以前に自身の部屋内の弟子同士の暴行事件があったことが発覚し、まさに火に油を注ぐ格好になっています。しかも春日野親方本人も以前に暴行事件で処分されていることに加え、今回の弟子間の暴行事件が発覚してもなお理事選には出馬する見込みとの報道がなされています。これに対してはネットでも批判が集中しており、あまりに状況を理解できていないと言えるのではないでしょうか。公益法人剥奪というような声さえ上がり始めていますので、今のままの理事体制では世間の批判をかわすことは不可能でしょう。いくら不祥事をおこしてもしばらくおとなしくしていれば大丈夫といった考えが根底にはあるのではないでしょうか。相撲ファンとしてもいろいろな考えを持つ人がいるとは思いますが、いっそファンが相撲を見に行かないなどの状況を作らないと協会自体も理事の人たちも変わっていきそうにありません。